報告! もぐもぐファーム「畑に出かけましょう」第2回

    なすとピザと、きゅうりポリポリ


    大型台風がどんどん迫って、あっという間に抜けて行った後の7月13日、ピザ窯を畑に持ち込んで収穫祭を行いました。
    ピザ釜は業者さんが運び込んでくれるものの、火おこしとピザ焼き職人はもぐもぐパパたちの仕事です。
    なぜ、ピザを暑い夏にわざわざ畑で?
    それはここ数年、子どもたちが「食べたくない」野菜トップ3に入ることの多いナスの食べ方として、ピザがとてもいいからです。事実、ちょっと厚めに切ったナスの上にチーズを載せ、粉チーズをすりおろし、もぐもぐパパが焼き上げてくれた「なすピザ」は、なすの食感が残っていながら、子ども達がほとんどペロリ、と食べたのです。
    「ママのなす料理も帰ったら食べてね」「いやー」「なんでかなー」と笑顔の会話が続きました。

    ナスもきゅうりも、ヘタのアタリがちくちくと痛い。そこを頑張って、気をつけてはさみでチョキン、と切って。きゅうりは島田さんオススメのとおり、その場でポリッとかじると、果汁がジュワッとほとばしり、ほんのり甘くて、「ああ、きゅうりっておいしいねえ」。それを見たほかの子どもたちも次々とポリッ、カリッと丸かじり。
    島田さんのきゅうりは地はいといって、棚にしてぶら下げるようなことはせず、地の上をはっています。「まっすぐとか曲がるとか、が問題じゃないんだ、どっちも同じ味なんだよ」
    なすもきゅうりも7月から9月上旬までなり続けます。露天の畑で夏の気候そのままで育つ夏野菜。これぞ、旬野菜の醍醐味でした。
    なお、この日はプロのDVD撮影も入りました。中間報告編としてまもなくアップします。お楽しみに!

    2014_0713繧ゅ$繝輔ぃ繝シ繝縲€繝斐じ0007_convert_20140725110629 2014_0713繧ゅ$繝輔ぃ繝シ繝縲€繝斐じ0041_convert_20140725105557 2014_0713繧ゅ$繝輔ぃ繝シ繝 縲€繝斐じ0054_convert_20140725110758

    2014_0713繧ゅ$繝輔ぃ繝シ繝縲€繝斐じ0062_convert_20140731105013 2014_0713もぐファームピザ新0125_convert_20140731112311 2014_0713もぐファームピザ新0115_convert_20140731112232

    2014_0713繧ゅ$繝輔ぃ繝シ繝縲€繝斐じ0119_convert_20140725110958 2014_0713繧ゅ$繝輔ぃ繝シ繝縲€繝斐じ0128_convert_20140725110047 2014_0713繧ゅ$繝輔ぃ繝シ繝縲€繝斐じ0135_convert_20140725111036




    スポンサーサイト



    テーマ : 関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報
    ジャンル : 地域情報

    報告!作って楽しい食べておいしい手づくりみそ

    2月11日、さいたま市緑区のファームインさぎ山の萩原さとみ氏を講師に迎え、手づくりみそ教室を開催しました!
    萩原さんよりお味噌に必要なものは3っつ。
    大豆、米(こうじ)、塩、だけと。
    002_convert_20140211193555.jpg
    みそ
    003_convert_20140211193658.jpg

    本当にシンプルな材料‼︎
    この三つをコネコネ、フミフミ、おいしいお味噌にな〜れ。
    小さいお友だちもたくさん参加してくれましたが、みんなみそ玉を作ったりたのしそう。
    どろ団子作りで鍛えた腕前?を発揮。
    皆さん手際よく作業を進めてくれました。
    みそ4
    みそ3
    みそ2

    萩原さんが昨年仕込んだお味噌を試食させてもらいおいしい!
    萩原さんが6時間かけて煮てくれた埼玉県産大豆で仕込んだお味噌、期待に胸ふくらみます。

    今回、この企画を引き受けるにあたり、実はあまり味噌づくりには興味がなかった私。でもなかなかおもしろい!やって良かった!が正直な感想。また企画したいと思います。
    萩原さんに「おにぎりにこのお味噌を塗って食べて。」と。はやく食べたい。こんがり焼きおにぎりにしようかな・・・。

    たくさんの方に参加いただきました。皆さん!ありがとうございました!

    報告!銀座・長峰食事会、テーマは節分

    1月31日、銀座・長峰にて節分をテーマに食事会を開催しました!
    574_convert_20140202203040.jpg

    会は予定時刻通りスタートし、はじめのご挨拶が終わりしだい長島料理長登場!
    節分のお話、和食のお話、その他海外で仕事された時の不思議な体験談などなど…
    勉強になるお話や面白おかしい?お話をたっぷり聞かせていただきました。
    豆まき〜魔滅(まめ)まき、と言う意味もあるとか…。
    [豆」が「魔を滅する」からきていることは、つまり冬のつらさ、寒さ、暗さ、旧年(昨年)のいやだった事・・・
    これがすべて「鬼」とか「魔」でそれを「滅して」新年を迎えるために前夜に豆で鬼を追い払って翌朝から新しい年である、というのが節分という旧暦では一年でもっとも大きな節目の行事なんだそうです。
    「豆」と「魔滅」をかける・・・これが日本の文化なんですね。
    576_convert_20140202203804.jpg

    お料理も旬野菜を中心にお魚やお肉もとりいれた献立。
    見た目も味も良かったです‼
    上の写真は大根を豆まきの「升」に仕立ててあります。
    579_convert_20140202204058.jpg


    当会は今まで、築地本願寺で食事会を開催していましたが長島料理長がこちらに移られたと聞き、料理長のお話聞きたさに長峰へ。料理長のお話はもっと聞きたい!
    固い話では無く、自分の為になる楽しいお話なんです‼ 書ききれないので興味のある方はぜひ!次回一度参加してみて下さい。
    この会で季節行事と和食の関係などお話をしていただきちょっと今までとは違った気持ちで節分を迎えられそうです。

    参加してくださった皆様、ありがとうございました。
    582_convert_20140202203655.jpg

    Access

    NPO法人 食育研究会 Mogu Mogu事務局
    〒336-0932 さいたま市緑区中尾2614-3-107
    TEL:048-875-7549 FAX:048-875-7509
    【メールで問い合わせる】
    Profile

    NPO法人食育研究会Mogu Mogu

    NPO法人食育研究会Mogu Mogu
    お腹が減れば、何不自由なく食べ物が手に入る時代、街には、多種多様の食べ物があふれ、食に関する情報もあれこれ錯綜している時代だからこそ、何を選んでどう食べるか?
    もう一度、真剣に「食べることについて考えたい」未来を担う子どもたちに、食に関するあれこれを、しっかり身に付けてほしい。

    でも、どうやって?

    古くから受け継がれてきたものを、自分たちの時代で消してしまっていいのだろうか?


    自分ひとりでは限界があるけど、一人二人仲間が増えれば、それだけ知識や、技術も学びあえる。
    そして、力になる。
    人それぞれ、思いのたけは違うけれど、
    食を大切にしたい気持ちをもった仲間たちが集まって、食育研究会 Mogu Moguを作りました。

    ところで、昨日の夜って、なに食べたか、おぼえてる?

    子育てハッピーアドバイス 笑顔いっぱい 食育の巻
    子育てハッピーアドバイス 笑顔いっぱい 食育の巻
    検索フォーム
    最新記事
    メニュー
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: