スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    もぐもぐ メールマガジン 第11号

    ■ 松成容子の「話食はおいしい その11」

    少しずつ、春の日差しが降り注ぐ季節になりました。
    大きな地震のあと、食育のちからでは、何もできない・・・
    と立ち尽くしたものの、ずっと目を離さず、買って、食べて
    訪ねて、話して、聞いているうちに、少しずつですが
    できることは見つかりそうです。

    去年の初夏に訪ねた桃農家の青年はどうしているでしょう。
    福島のあんぽ柿は生産が1%になったといいつつも
    今年もちゃんと届きました。
    宮城の牡蠣生産者であり私の海の師匠からは
    「だいぶもどった」と年賀状も届きました。
    皆さまの知恵も力も、お借りできれば幸いです。

    さて、食べ物の体験の場を設定しているもぐもぐは
    11月から先日までの間、白菜収穫体験、ローストチキンづくり、お節&お雑煮教室
    ほうれん草収穫体験、みそ作り教室、浦和駅前の広場での和風スープ販売
    連続子ども料理教室(越谷市、蕨市)、そして1年間の最後は大人の食育パン講座と、
    獅子奮迅の忙しさでした。

    たくさんのご協力、ご参加、ありがとうございました。

    もぐもぐは、2003年4月に正式な活動をはじめ
    発起人14人の署名を集めて8月にNPO法人申請をし、
    12月に認証されました。
    それからすでに11年。活動はまもなく丸12年になります。


    2005年に食育基本法ができる前からスタートしていて、途中、
    食育ブームがやってきて、安くお手軽な教室が増えたりすると、私たちも
    「もう、学校や企業に任せればいいのかな?」と解散を検討した時期もありました。
    けれど、そのとき、理事の一人の「これからこそ、必要なのに」という
    つぶやきが、一気にムードを変えました。

    そして、今年、コープみらいから、地元の地域課題解決に
    長年貢献してきた団体ということで「地域かがやき賞」をいただきました。
    ほんと、続けてよかった、が実感です。認めてくださる方々がいる。
    それが大きな力になるのです。

    今も参加者の方たちと接しながら感じるのは、
    「見たことも体験したこともなかったから、知らなかった、わからなかった」
    「やってみたら、ものすごく感激、分かった、想像力が広がった」
    という大人たちの現実です。

    地域課題は、体験するチャンスがない環境で育った都会の大人たちなのです。
    だから、次の世代にも、うまくつなげない。
    今の社会に、それが圧倒的多数派。そしてそれを批判できなる人なんていない。


    どうぞ、大人も子どもも、一緒に、体験できる場にいろいろ足を運んでみてください。
    もちろん、自宅や自力でできる小さな作業もいい。

    食器を手で洗う、大きなキャベツをザクッと刻む、それとて欠かせない食育です。
    私たちも、2015年度はもっと知恵を絞って、体験の場も増やしつつ
    小学校など受け入れてくださる場所に出て行きたいと思っています。

    「知らなかった」が、「そうなのか」に変わる瞬間は
    大人だって、とっても楽しいものです!

    世の中、あれもこれも気が付け、気が付けの大合唱で、情報が多くて振り回されますが
    体験の場は、大人だけの参加も大歓迎です。
    もぐもぐ2015年度予定がまもなくアップされますので
    ぜひ、見てくださいね。


    松成 容子 (NPO法人 食育研究会Mogu Mogu 代表)
    スポンサーサイト

    【もぐもぐ メールマガジン 第10号】

    ■ 松成容子の「話食はおいしい その10
     
    CONTENTS  
    1) 300円で、選ぶのはどっち?
    2) 地元の郷土料理を知ると、地元の四季がわかる
    3) 秋は月をめでて
    4) 10月、さつまいもと落花生を収穫しました!
    5) 春日部市立内牧小学校に今年も3日間の「出向く食育」
     
     
    すっかりご無沙汰しました。
    様々な自然現象と戦って、やっと澄み渡る秋空、収穫の秋が迎えられた10月。
    でも、もう明日から11月。今年は果物の味も絶品ですが、紅葉も最高だとか。
    自然は厳しいけれど、大きなプレゼントもくれますね。
     
    1) 300円で選ぶのはどっち?

    そんな美味しい300円の果物、たとえばりんご、たとえば梨。
    でも皮はむかなきゃならないし、一個一人では多すぎる。
    つまり手軽さに欠ける、と敬遠されているとは八百屋さんの弁。
    そもそも1個300円は高い? のかしら?

    一方、指先でちょいとつまめる薄い一枚の高級チョコ。
    こちらはフランスからやってきて、都心のデパートに
    特別冷蔵室を設営して日本にお披露目されました。
    そして軽くひと口サイズの1個が300円。

    先日、そのチョコをいただきながら、
    いったいどっちに将来性があるのかと
    考え込んでしまいました。

    自然とがっつり組んで、月日をかけて食べ物を作っている
    日本の農家は、このままどんどん報われないのでしょうか。
    この流れ、どうしても止められないのでしょうか。

    あなたが300円持って10回おやつを買うとしたら、
    どちらを何回選びますか?
    ぜひ、教えてください!
     
    2) 地元の郷土料理を知ると、地元の四季がわかる

    去る9月、さいたまの郷土食を親子で作って食べる会を開催しました。

    「昔の農家は、朝まんじゅう、昼うどんといって、夏は忙しいから
    朝はさっさとすませて、昼はごまと味噌の冷汁うどんだったのよ」
    さいたま市女性農業者連絡協議会の萩原さとみ会長に教えていただき、
    親子でうどんを打ちました。

    埼玉の夏から秋にかけては麦食文化。埼玉新人ファミリーも
    楽しく納得した1日でした。
     
    3) 秋は月をめでて

    10月には、天候にも恵まれ、十三夜の月をたくさんの方々と
    上野の水月ホテル鴎外荘の縁側から観賞することが出来ました。

    透明感のあるレモンイエローのお月様が、19時3分になんと、
    真南に約束どおり、上ってきてくれたのです。
    秋は、空が澄み渡り、月はきらきらと輝いて、それはそれは美しい。

    芋、豆など秋にちなんだ素材を生かした日本料理と、
    ホテル側のサプライズでオーボエの生演奏もしていただけて最高の夜でした。
    秋の月見は、いいですよ。気分がすっきりします、オススメです!
     
    4) 10月、さつまいもと落花生を収穫しました!

    もぐもぐファームも秋になると忙しい。

    浦和郊外の新興住宅街の中にぽつん、ぽつんと残る畑の中で大きく育った、
    さつまいもと落花生を総勢30余名で収穫しました。

    収穫したさつまいものつるの長さ競争の1位は3m37cmもあって、大拍手!
    さつまいもといえば、江戸時代の青木昆陽が有名ですが
    当時のさつまいもはこんなに甘くありませんでした。

    今のように甘いさつまいもは、実は突然変異。それを最初に見つけたのは
    明治時代、なんと、浦和の農家の山田いちさんという女性だったそうです。
    ちょっとさつまいもに親近感がわきました。
    落花生も一家で一株抜いて、楽しく持ち帰りました。

     
    5) 春日部市立内牧小学校に今年も3日間の「出向く食育」

    毎年恒例の「生産者と料理人と一緒に出向く食育」、
    今年も無事終了しました。

    3日間コースの1日目は「五感と五味」は「みんなのアンテナ」と
    いって意識してもらい、2日目は季節の旬の作物と、
    その生産者さんと一緒に出向きます。「自分たちが暮らす
    近くにある、旬の野菜を意識してね」というのが狙いですが
    今年のテーマは「かぶ」。

    「食べたことなーい」という子供が30%もいたものの
    実は給食には何度も出ているのです。
    なかなか、かぶは意識するチャンスがないのかもしれません。

    3日目は、当会理事の大河原実料理長(和食)といっしょに、
    味付け前のだし汁を飲んだあとに、みんなでおろしたかぶとあわせて
    「かぶのすり流し」(椀)を楽しみました。
    さて、かぶのイメージは変わったかな?

    お手伝いしてくださったPTAのお母様から
    「自分のふるさとの作物でこういう体験が出来るのは、
    子どもたちの心に残ります」と言っていただけたのが
    うれしかったです。

    さて、あなたの「ふるさとの味」って、なんでしょう。
    メールで返信いただけるとうれしいです。


    松成 容子   (NPO法人 食育研究会Mogu Mogu 代表)

    【もぐもぐ メールマガジン 第9号】

    ■ 松成容子の「話食はおいしい その9

    CONTENTS
     
    1) プロに習う 初めてのパン作り
    2) ロデヴを食べて楽しむ会 in 京都 そして  横浜
    3) 鴎外の旧居跡で、十三夜に日本料理をコースで味わう会
     
     大人の夏休みはお盆で一区切り、ですが、子どもたちの
    夏休みは今が終盤。私も夏休み最後の3日は、カレンダーと
    時計をにらみつつ、親に叱られながら、涙目で夜中に
    風景画を仕上げていた思い出があります。
     
    今年の夏は、自然の並々ならぬ異常さを感じました。
    私たちは、自然の中に暮らしている、ということを真摯に
    考えながらも、人は人と生きていく。
    最近、そんなことを考えるようになりました。
     
    京都大学の山際寿一教授によると、動物はみな、
    群れで暮らすサルでさえ、食べるときはなるべく仲間と
    離れるといいます。しかし、人間は同じ物を一緒に食べる
    ことによって共に生きようとする、生きているという実感が
    わいてくる。それが信頼する気持ちや共に歩もうとする
    気持ちを生み出すのだといいます。
     
    人が人と生きていく、を実感することに「背中を押す」
    という行為があります。
    そもそも、私が6月に本を出せたのは、もぐもぐの
    長年の仲間のMさんが、何年も何年も、あきらめることなく
    私の背中をそっと、そっと、押し続けてくれたからです。
    さらにいま、もぐもぐの食の館構想の背中をずずずっと
    押してくれているHさんも、心強い勇気をくれる仲間です。
    他にもたくさんの背中を押し合える人たちと生きていればこそ、
    たくさんの幸せが手に入るチャンスがある。
    食べ物の好き嫌いも、そっと背中を押し続けることが、
    クリアへの道かもしれません。
     
    1) プロに習う 初めてのパン作り

    去る8月20日。プロはホテルオークラの塚田俊夫シェフ。
    習う初めてさんは埼玉県のたくさんの市から集まってくれた
    小学生たちでした。粉に油、水、パン酵母、砂糖を入れて
    ぐちゅぐちゅぐちゅ。じっとりとした湿度と温度がパンを
    育てると、身を持って体験する会でした。
    お昼には自分で作ったピザと、ホテルオークラで3日かけて
    作り上げられたというべっ甲色のコンソメスープをいただきました
    お土産は、自作のハードロールに菓子パンでした。
     
    2) ロデヴを食べて楽しむ会 in 京都 そして  横浜

    ハード系のパンといえば、もぐもぐから出た「ロデヴの会」も
    夏は活発でした。
    8月4日は京都で、たま木亭の玉木潤シェフがドンク仁瓶利夫氏と
    一緒に技術講習会と食べて楽しむ会を1都2府12県から集まったお客様と。
    また8月26日は横浜市青葉区のベッカライ徳太朗の徳永久美子さんが
    料理とともにロデヴを食べて楽しむ会を開催してくださいました。
    ごろっと大きく無骨なパンを、みんなで分け合って、ほおばって
    しゃべって、笑って、ワインを飲んでまたロデヴ。
    「いろんなロデヴがあるのね」「今度はうちでやってください」。
    人がたくさん集まるのも、また、楽しいことです。
     
    3) 鴎外の旧居跡で、十三夜に日本料理をコースで味わう会

    さて、そろそろ外は秋の虫の声。今年はまだ暑いうちに十五夜が
    きてしまうので、あえて十三夜にと、和食の良さを楽しむ会を
    10月3日(金)の夜に設定しました。東京では珍しい日本家屋と
    中庭。そのわずかなすきまから見える空に、お月様が見えるか
    どうかは、いま調べ中です。
    文豪・森鴎外が舞姫を書いたという家屋の、もっとも縁側に近い
    和室に並んで、懐石料理をいただきます。
    作ってくださるのは、この旧居跡がある水月ホテルの総料理長で
    当会の理事でもある大河原実氏です。
    子どもたちに、和食のすばらしさ、日本の秋の情緒などを引き
    継ぐためにも、まず大人から。
    お時間のある方は、秋の夜をぜひ、上野でご一緒しませんか。
    http://4919mogumogu.blog.fc2.com/blog-entry-47.html
     
     
    松成 容子   (NPO法人 食育研究会Mogu Mogu 代表)

    【もぐもぐ メールマガジン  第8号】

     
    ■ 松成容子の「話食はおいしい その8
     
    CONTENTS  
     
    1)みんなの畑。いまの旬はご存知ですか?
    2)福島の農家にお話を聞いてきました。
     
    思いがけないほど大きな台風も去り、梅雨明けが
    待たれるアツい日々が続きますが、皆様水分は取っていますか。

    夏の水分補給に、きゅうりの丸かじりがぴったりという
    テレビを見ました。きゅうりの栄養成分はなかなか
    アピールポイントが少ないのですが、一番は水分。二番には
    「体に入った塩分(ナトリウム)を外に出すお手伝い」をしてくれる
    カリウムが豊富という点です。
     
    1) いまの旬の作物は?

    春に募集した10家族と、畑に行くプロジェクトが6月29日から
    いよいよスタートしました。
    初日はじゃがいも堀り。煮崩れない女の子「メイクイーン」と
    煮崩れてこそいい味を出す男爵系の「北あかり」、そして
    じゃがいものふるさとを思い起こさせる「アンデスレッド」の
    3種類をたっぷり掘りました。

    見沼田んぼは、その名のとおりもともと田んぼだったのですが
    米の需要が減ったため、いまは土を入れて畑にしています。

    第2回目の7月13日は、掘り返したじゃがいも畑の隣で、
    なすときゅうりの収穫体験
    日本列島を横断する大型台風8号の様子を
    みんなで1週間にらんでいたおかげで、金曜日の朝、
    畑にはたいした爪あとも残らず、翌々日の日曜日には
    ほどよい天気になりました。

    ちくちくと痛いつるからきゅうりをはさみでちょんと切って、
    ポリ、ポリ、ポリとかじるきゅうりのなんと甘くて、みずみずしいこと。
    また、子どもの「嫌いな野菜」のトップ3に入るナスをスライスして
    ピザも作りました。

    「家じゃ食べないのに」「ママのナスは食べないけどね」「ん、もう」と
    にぎやかに、参加者約40人みんなで30枚のピザをせっせと焼いて
    残さずいただきました。

    6月の終わりから7月、畑は忙しく収穫が続きます。
    関東では、この時期がまず、じゃがいも、たまねぎ。それぞれに
    これが「新じゃが」「新たまねぎ」です。
    そして、なす、きゅうり、ピーマンは秋口まで次々と実をつけます。

    今回はありませんでしたが、トマト、とうもろこし、オクラと
    夏野菜はこれからが盛りです。畑の持ち主の島田さんから
    「埼玉は、生活のそばにせっかく畑があるのですから、ぜひ、
    新鮮な地元産の旬のものを食べて」とお話がありました。
     
     
     
    2) 福島県の農家とお話してきました
     
    もぐもぐ食育コーディネーター5人で、一泊2日で福島県
    郡山市の農家2件と伊達市の桃農家1件を尋ねてきました。

    「一度失った売り場は、もう、取り戻せない」
    「あのときからぜんぜん状況は変わっていない」
    という言葉が印象的でした。

    詳細は、近日中にブログにアップします。ぜひ、ご覧ください。
    そして、さまざまな苦難を全部背負わせてしまっているような
    福島の農家のおかれている現状を「忘れない」「情報は
    正しく、を心がける」が、いまやっぱり大切ではないかと
    思いました。

    それでも郡山の夜は活気があったし、お会いした皆さんは
    前向きにさまざまなチャレンジをしていて、きっといつか、
    たくさんのノウハウを蓄積して、これから先、さまざまな
    苦難から立ち上がらざるを得ない人々を支える人に
    なってくださるだろうと、一筋の明かりを見た思いです。
     
    松成 容子   (NPO法人 食育研究会Mogu Mogu 代表)

    【もぐもぐ メールマガジン  第7号ぷらす  2014.6.23】

    もぐもぐメールマガジン 第 7 号 ぷらす   
     
     
    先日のメルマガに、大切なことを書き忘れました。
    「子育てハッピーアドバイス 笑顔いっぱい食育の巻」が
    今月末(6月27日頃)に全国の書店でお目見えします。
     
    この、出版社の名前は、1万年堂出版、でした。
     
    「千年も万年も読みつがれる、そんな願いをこめて・・・・」だそうです。
    ここの青木さんという子育て真っ最中のワーキングママが、
    編集者としてこの本を導いてくれました。
    初版5万部のスタートです。浦和は紀伊国屋、須原屋さん2店舗などが
    店先で大きく扱ってくれるそうです。
    表紙の私の肩書きに「Mogu Mogu」の文字が入っています。
    これで、多くの人が気がついてくれるとうれしいな、と思っています。
       
    松成 容子   (NPO法人 食育研究会Mogu Mogu 代表)

    Access

    NPO法人 食育研究会 Mogu Mogu事務局
    〒336-0932 さいたま市緑区中尾2614-3-107
    TEL:048-875-7549 FAX:048-875-7509
    【メールで問い合わせる】
    Profile

    NPO法人食育研究会Mogu Mogu

    NPO法人食育研究会Mogu Mogu
    お腹が減れば、何不自由なく食べ物が手に入る時代、街には、多種多様の食べ物があふれ、食に関する情報もあれこれ錯綜している時代だからこそ、何を選んでどう食べるか?
    もう一度、真剣に「食べることについて考えたい」未来を担う子どもたちに、食に関するあれこれを、しっかり身に付けてほしい。

    でも、どうやって?

    古くから受け継がれてきたものを、自分たちの時代で消してしまっていいのだろうか?


    自分ひとりでは限界があるけど、一人二人仲間が増えれば、それだけ知識や、技術も学びあえる。
    そして、力になる。
    人それぞれ、思いのたけは違うけれど、
    食を大切にしたい気持ちをもった仲間たちが集まって、食育研究会 Mogu Moguを作りました。

    ところで、昨日の夜って、なに食べたか、おぼえてる?

    子育てハッピーアドバイス 笑顔いっぱい 食育の巻
    子育てハッピーアドバイス 笑顔いっぱい 食育の巻
    検索フォーム
    最新記事
    メニュー
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。