報告!作って楽しい食べておいしい手づくりみそ

    2月11日、さいたま市緑区のファームインさぎ山の萩原さとみ氏を講師に迎え、手づくりみそ教室を開催しました!
    萩原さんよりお味噌に必要なものは3っつ。
    大豆、米(こうじ)、塩、だけと。
    002_convert_20140211193555.jpg
    みそ
    003_convert_20140211193658.jpg

    本当にシンプルな材料‼︎
    この三つをコネコネ、フミフミ、おいしいお味噌にな〜れ。
    小さいお友だちもたくさん参加してくれましたが、みんなみそ玉を作ったりたのしそう。
    どろ団子作りで鍛えた腕前?を発揮。
    皆さん手際よく作業を進めてくれました。
    みそ4
    みそ3
    みそ2

    萩原さんが昨年仕込んだお味噌を試食させてもらいおいしい!
    萩原さんが6時間かけて煮てくれた埼玉県産大豆で仕込んだお味噌、期待に胸ふくらみます。

    今回、この企画を引き受けるにあたり、実はあまり味噌づくりには興味がなかった私。でもなかなかおもしろい!やって良かった!が正直な感想。また企画したいと思います。
    萩原さんに「おにぎりにこのお味噌を塗って食べて。」と。はやく食べたい。こんがり焼きおにぎりにしようかな・・・。

    たくさんの方に参加いただきました。皆さん!ありがとうございました!
    スポンサーサイト



    【もぐもぐ メールマガジン   第3号   2014,2,8】

    ■ 松成容子の「話食はおいしい そのあ」

    CONTENTS  
     1) 「料理は相手を思って作るもの」銀座長峰・長島料理長食事会報告
     2)もぐもぐキッズ 活動中
     3)「パン・ド・ロデヴを食べて楽しむ会」3/5のご案内

    豆をまいて、冬の邪気をはらったおかげで、春が近づいています。
    2月は春を迎える前の最終仕上げのとき。
    準備は進んでいるでしょうか。

    春、薄着になるからダイエット・・・・それも春の準備ですが
    ちょっと前まで、日本のほとんどの人が農耕民族だったころ
    春は農作業が大変忙しく、互いに助け合いました。
    また田植えの水は順番に回していくのがルールでしたから、
    そのとき、仲が悪かったら一年後の収穫に響く・・・・つまり、
    命にかかわることでした。
    ということで、冬場は、農作業がヒマだから行事が多いのではなく、
    春からもちゃんと仲間でいようね、ということのとために、
    行事をこまめに重ねながら
    人間関係を肥やしていたわけです。

    春から新生活となる人も多いはず。学校、仕事、離れるかもしれない人間関係など
    確認して、しかるべき準備するのが今の季節です。
    寒いけれど、しっかり気を引き締めてまいりましょう。

    さて、おいしく楽しくためになる銀座長峰の食事会がにぎやかに終わりました。
    和装の方が何人もいてくださり、空気もピン、とでも華やかにすごせました。
    相変わらず立て板に水のようにお話が進む長島料理長。
    「相手が見えないまま大量生産しているのは料理じゃない。ただの食品です。
    料理の料は、相手をはかるという意味、理は収める。つまり、相手を思いやって作り、
    ひとつの形に収めたのが料理なんです。きょうも
    そんな料理を楽しんでください」と。詳しくはもぐもぐブログの報告をどうぞ。
    http://4919mogumogu.blog.fc2.com/blog-entry-17.html


    ところで、もぐもぐキッズという存在をご存知ですか?
    いまは、越谷地区だけで試験的にスタートしていますが
    小学生10人程度にもぐもぐの講師一人だけで、毎回
    みんなで話し合ってメニューをきめ、料理を作ったり、学習したり。
    一番楽しいのは「コミュニケーション」というのが、なんともほほえましい。
    これも、食べ物が真ん中にあればこそ、ですね。
    2014年度の展開に、ぜひご期待ください。
    http://4919mogumogu.blog.fc2.com/blog-entry-18.html



    美味しいものを真ん中にしたコミュニケーションといえば、「パン・ド・ロデヴ」です。
    Companion(仲間)というのは、「共に(COM)パンを食べる人(PANION)」という
    ことばから来ているそうです。
    ロデヴはそんなパンのひとつ。大きく焼いて、
    仲間と語らいながら分け合って美味しく食べるにふさわしいパンです。
    「埼玉で買えなーい」と叫んだら、ドンクが大宮のルミネ店で1月から
    販売スタートさせてくれていま、高校生にまで人気が広がっています!

    これを「おいしいね!」といいながら食べる会をスタートさせたのは、
    実はMogu Mogu でした。
    それが「ロデヴの会」として独立2年目です。
    「ロデヴを食べて楽しむ会」は今年もあちこちで予定していますが、
    直近では桜新町のブロートハイム(これで3回目!)で開きます。
    パンを主役に美味しいものが出てくる気楽な会。
    参加者の任務はニコニコと、美味しく食べること、だけです。
    もともとMogu Moguの妹会。ご一緒しませんか。
    3月5日の夜18:00から20:30まで。もう少し席があると思います。
    お気軽にお問い合わせください。
    http://lodevepain.org/kai_info.html

    松成 容子 (NPO法人 食育研究会Mogu Mogu 代表)

    報告!もぐもぐキッズ 楽しくおいしく活動中です!!

    昨年9月、越谷市大相模地区センターでスタートした小学生対象の子ども食育サークル「もぐもぐキッズ」。
    毎月1回みんなが集まる土曜日は「おいしいね!」の声であふれています。

    第4回目の12月は、ガールズチームは「フルーツタルト」を、ボーイズチームは「にぎやかグラタン」に挑戦しました。
    出来立てあつあつのカスタードクリームをぺろりとお味見したガールズチームは、予想以上のおいしさだったのかな?驚きともいえる「おいしい!!」が連発でした。また、フルーツの盛り付けは各班ともに素晴らしく、仕上げのつや寒天を塗ると、まるでケーキ屋さんに並んでいるタルトのようなできあがりに!あちこちから達成感いっぱいの拍手が起こりました。
    グラタン作りに頑張ったボーイズチームは、材料の扱い方、包丁の使い方、フライパンの扱い方ともに大変上手!!お任せした味付けもバッチリで、さすがでした。大皿のグラタンを女子達にやさしくサーブする姿は、シェフのようでとてもかっこよかったです。

    第5回目の1月は、まず昨今テレビや新聞で話題のノロウイルスによる集団感染の話から食中毒の予防についてのお勉強をしました。「つけない、増やさない、やっつける」をしっかり理解できたようです。みんな偉い!
    そのあとは、あつあつの「肉まん」作り。
    各自肉まん生地を大事に丸め、伸ばし、具をつめて、蒸し器の中に~。20分後にふっくら蒸しあがった肉まんに「わあー!」と歓声が上がりました。おいしい!おいしい!とほおばるみんなの顔はもちろん笑顔でいっぱいでした。

    報告!銀座・長峰食事会、テーマは節分

    1月31日、銀座・長峰にて節分をテーマに食事会を開催しました!
    574_convert_20140202203040.jpg

    会は予定時刻通りスタートし、はじめのご挨拶が終わりしだい長島料理長登場!
    節分のお話、和食のお話、その他海外で仕事された時の不思議な体験談などなど…
    勉強になるお話や面白おかしい?お話をたっぷり聞かせていただきました。
    豆まき〜魔滅(まめ)まき、と言う意味もあるとか…。
    [豆」が「魔を滅する」からきていることは、つまり冬のつらさ、寒さ、暗さ、旧年(昨年)のいやだった事・・・
    これがすべて「鬼」とか「魔」でそれを「滅して」新年を迎えるために前夜に豆で鬼を追い払って翌朝から新しい年である、というのが節分という旧暦では一年でもっとも大きな節目の行事なんだそうです。
    「豆」と「魔滅」をかける・・・これが日本の文化なんですね。
    576_convert_20140202203804.jpg

    お料理も旬野菜を中心にお魚やお肉もとりいれた献立。
    見た目も味も良かったです‼
    上の写真は大根を豆まきの「升」に仕立ててあります。
    579_convert_20140202204058.jpg


    当会は今まで、築地本願寺で食事会を開催していましたが長島料理長がこちらに移られたと聞き、料理長のお話聞きたさに長峰へ。料理長のお話はもっと聞きたい!
    固い話では無く、自分の為になる楽しいお話なんです‼ 書ききれないので興味のある方はぜひ!次回一度参加してみて下さい。
    この会で季節行事と和食の関係などお話をしていただきちょっと今までとは違った気持ちで節分を迎えられそうです。

    参加してくださった皆様、ありがとうございました。
    582_convert_20140202203655.jpg

    Access

    NPO法人 食育研究会 Mogu Mogu事務局
    〒336-0932 さいたま市緑区中尾2614-3-107
    TEL:048-875-7549 FAX:048-875-7509
    【メールで問い合わせる】
    Profile

    NPO法人食育研究会Mogu Mogu

    NPO法人食育研究会Mogu Mogu
    お腹が減れば、何不自由なく食べ物が手に入る時代、街には、多種多様の食べ物があふれ、食に関する情報もあれこれ錯綜している時代だからこそ、何を選んでどう食べるか?
    もう一度、真剣に「食べることについて考えたい」未来を担う子どもたちに、食に関するあれこれを、しっかり身に付けてほしい。

    でも、どうやって?

    古くから受け継がれてきたものを、自分たちの時代で消してしまっていいのだろうか?


    自分ひとりでは限界があるけど、一人二人仲間が増えれば、それだけ知識や、技術も学びあえる。
    そして、力になる。
    人それぞれ、思いのたけは違うけれど、
    食を大切にしたい気持ちをもった仲間たちが集まって、食育研究会 Mogu Moguを作りました。

    ところで、昨日の夜って、なに食べたか、おぼえてる?

    子育てハッピーアドバイス 笑顔いっぱい 食育の巻
    子育てハッピーアドバイス 笑顔いっぱい 食育の巻
    検索フォーム
    最新記事
    メニュー
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: