【もぐもぐ メールマガジン   第1号     2013,12,6】

    ■ 松成容子の「話食はおいしい その1」

    メールマガジン始めました。(初、なので、不備がありましたらご指摘ください。)

    いよいよ12月ですが、皆さまお元気でお過ごしでしょうか。
    「冬こそ、行事を通して人とのつながりを深めよう」と食育イベントを
    企画している「もぐもぐ」は、たった今日「シェフに習う、クリスマスの
    ローストチキン」の応募を締め切り、うれしいことに定員オーバーゆえの
    抽選を行いました。
    親子、大人だけなど様々な参加者と一緒に、パレスホテル大宮の
    毛塚智之シェフのご指導のもと、トサカから足のツメまでついている
    鶏を前に「命をいただく」を学習し、その後、おいしくローストチキンに
    仕上げる方法や、切り分ける方法等も習います。
    そして、焼けたチキンはお持ち帰り。
    福島・伊達物産のご協力で、あの名シェフたち御用達の伊達鶏を
    使っての4年目の企画ですが、毎回大人気 !
    興味のある方は、今からチェックしておいて来年はぜひ、ご参加くださいね。
    ちなみに、事前にサポーター会員になっておくと、優先順位がゲット
    できます(ここだけの内緒 ! )。詳しくはもぐもぐホームページをご覧ください。

    そして、次なるお楽しみは銀座・長峰での「旬野菜の懐石の会」。
    1月31日11時から14時のランチタイムに集合 ! です。実はこの会、
    あの築地本願寺「紫水」の元総料理長、長島博氏の監修。
    永年、築地で良質の野菜を扱ってきた長峰の料理店をまかされた
    長島さんが、当日も美味しく楽しい旬のお話をしてくださいます。
    「旬」は「節分」、ということで、料理も節分をテーマにお願いしています。
    もちろん、野菜だけ、というわけではないので満足のコースが楽しめます。

    和食と言えば、先日の12月4日、「和食 日本人の伝統的な食文化」
    が無形文化遺産に登録されたばかりです。
    ヘルシーで繊細、さらにウマミが生かされた料理と、かねてより世界から
    評価の高かった我が和食を、これで私たちも自慢できますね。そんな魅力も、
    長島料理長のお話でもっともっとアップすること請け合いです。

    ちなみに、もぐもぐは、ここ数年「旨みを知って、日本や地元の産物もおいしく
    楽しんで地元を誇ろう」という味覚教育を小学校で展開していますが
    その一コマが去る11月14日の日経新聞夕刊で紹介されました。
    子どもたちも先生方も「だしがおいしい」と目がキラキラ。
    そんな瞬間に立ち会うと、明日はもっと元気になれそう、自分も、日本も、
    と思わずにはいられませんでした。

    松成 容子 (NPO法人 食育研究会Mogu Mogu 代表)

    Access

    NPO法人 食育研究会 Mogu Mogu事務局
    〒336-0932 さいたま市緑区中尾2614-3-107
    TEL:048-875-7549 FAX:048-875-7509
    【メールで問い合わせる】
    Profile

    NPO法人食育研究会Mogu Mogu

    NPO法人食育研究会Mogu Mogu
    お腹が減れば、何不自由なく食べ物が手に入る時代、街には、多種多様の食べ物があふれ、食に関する情報もあれこれ錯綜している時代だからこそ、何を選んでどう食べるか?
    もう一度、真剣に「食べることについて考えたい」未来を担う子どもたちに、食に関するあれこれを、しっかり身に付けてほしい。

    でも、どうやって?

    古くから受け継がれてきたものを、自分たちの時代で消してしまっていいのだろうか?


    自分ひとりでは限界があるけど、一人二人仲間が増えれば、それだけ知識や、技術も学びあえる。
    そして、力になる。
    人それぞれ、思いのたけは違うけれど、
    食を大切にしたい気持ちをもった仲間たちが集まって、食育研究会 Mogu Moguを作りました。

    ところで、昨日の夜って、なに食べたか、おぼえてる?

    子育てハッピーアドバイス 笑顔いっぱい 食育の巻
    子育てハッピーアドバイス 笑顔いっぱい 食育の巻
    検索フォーム
    最新記事
    メニュー
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: