報告!文豪・鴎外の旧居跡で、十三夜に、日本料理をコースで味わう会

     103日(金)の夜、大人の食育「十三夜に日本料理をコースで味わう会」を
    上野水月ホテル鴎外荘で開催いたしました。

    今回はまさに大人の食育!

    十三夜のしつらい、そのうえお月様も私たちのために照り輝き、
    美味しい懐石料理をあじわいながらの楽しい一夜でした。

    20141003十三夜 しつらい   20141003十三夜 月見

     

    十五夜と十三夜はどんな違いがあるのかしら? 
    そんなミニ講座もあり、お月見の意味の再確認ができました。
     

    鴎外荘のおかみ中村様より森鴎外の文学についてお話を伺い、
    親交の深かった幸田露伴や斉藤緑雨の立ち入った庭園を見学し、
    文学の世界に酔ったひとときでした。

    またサプライズでオーボエの生演奏も聞かれ、
    秋の夜長の風情が感じられました。


     20141003十三夜 おかみ   20141003十三夜 オーボエ


    お料理はお月見にちなんだ懐石料理を大河原料理長より
    詳しく説明していただきました。

    食前酒の菊花酒から始まり、
    月見秋彩と秋の味覚をふんだんに取り入れたお料理に
    皆様美味しい!風情があるね!という言葉が聞かれました。
     
     十三夜 料理   20141003十三夜 料理長

     

    会終了後、皆様から
    「ゆったりとした時間の中で、美味しい本格的な懐石料理が味わえて、
    思い出に残る夜になった」との感想がたくさん聞かれました。

     20141003十三夜 食事


    現在は、大人も子どもも忙しい時代。
    うっかりすると月夜を見上げる余裕も生活から失ってしまいます。

    まずこんな夜を大人が「いいものだ」と自ら感動し、
    日本の文化を再認識して秋にちなんだ収穫物
    (この日は栗、里芋、柿、ぶどう)
    団子を月に供える。
    そんな風景が家庭の中でくり返せますようにと祈った1日でした。


    今回のイベントが紹介されています。
    こちらのサイトもよければ、ご覧ください。
    おでかけ女史組

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Access

    NPO法人 食育研究会 Mogu Mogu事務局
    〒336-0932 さいたま市緑区中尾2614-3-107
    TEL:048-875-7549 FAX:048-875-7509
    【メールで問い合わせる】
    Profile

    NPO法人食育研究会Mogu Mogu

    NPO法人食育研究会Mogu Mogu
    お腹が減れば、何不自由なく食べ物が手に入る時代、街には、多種多様の食べ物があふれ、食に関する情報もあれこれ錯綜している時代だからこそ、何を選んでどう食べるか?
    もう一度、真剣に「食べることについて考えたい」未来を担う子どもたちに、食に関するあれこれを、しっかり身に付けてほしい。

    でも、どうやって?

    古くから受け継がれてきたものを、自分たちの時代で消してしまっていいのだろうか?


    自分ひとりでは限界があるけど、一人二人仲間が増えれば、それだけ知識や、技術も学びあえる。
    そして、力になる。
    人それぞれ、思いのたけは違うけれど、
    食を大切にしたい気持ちをもった仲間たちが集まって、食育研究会 Mogu Moguを作りました。

    ところで、昨日の夜って、なに食べたか、おぼえてる?

    子育てハッピーアドバイス 笑顔いっぱい 食育の巻
    子育てハッピーアドバイス 笑顔いっぱい 食育の巻
    検索フォーム
    最新記事
    メニュー
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: