報告!もぐもぐファーム、12月は「ローストチキン教室」でした

    12月21日(日)、さいたま市緑区プラザイーストにて、
    ローストチキンづくりを通して命をいただく食育教室を開催しました。

    毎年、公募のこの会を、今年限りは「もぐもぐファーム」として
    1年活動登録している10ファミリーに限定して行いました。
    (いつも、楽しみにしてくださっていた皆さん、ごめんなさい! 2015年は、また一般公募します!)

    指導してくださったのは、今年もパレスホテル大宮の洋食総括料理長 毛塚智之シェフ。

    丸鶏に、頭、足付きに内臓を添えて毎年協力してくださるのは、福島県の伊達物産株式会社。

    硬すぎず、柔らかすぎず、うま味があって高すぎない美味しい鶏を日本の食卓へと、
    日本の鶏とフランスの鶏をもとに開発して、いまや一流ブランド鶏になった「伊達鶏」の育ての親です。
    東日本大震災の前からのお付き合いが、毎年ずっと続いています。

    1ファミリー1羽を前に、塩をして、形を整えて、オーブンで焼くだけ! と、
    やってみたらカンタンな作業だけれど、達成感もいっぱいの会でした。

    ところで、親子で、「鶏さん」が頭、足、内臓、ガラ、胸肉、もも肉とばらばらになっていくのも見ました。
    じーーっと食い入るように見るのは子どもだけでなくママもパパも、おばあちゃまも。

    あらためて「ささみの位置がわかりました」
    「もも肉ばっかり食べてたら、胸肉、あまっちゃう」と実感したようです。

    12-21 チキンの会 1
    にこやかに鶏の扱いを説明してくれる毛塚シェフ

    12-21 チキンの会 2
    大切に、大切に育てている伊達鶏の話は、伊達物産の菅野さん

    12-21 チキンの会 3

    12-21 チキンの会 4

    12-21 チキンの会 5

    12-21 チキンの会 6



    12-21 チキンの会 7

    12-21 チキンの会 8
    女の子2人は高学年! ほらできた。案外カンタン!

    12-21 パンの会 9
    串とタコ糸があれば、チキンはぴしっと「気をつけっ」の姿勢で出来上がりです 

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Access

    NPO法人 食育研究会 Mogu Mogu事務局
    〒336-0932 さいたま市緑区中尾2614-3-107
    TEL:048-875-7549 FAX:048-875-7509
    【メールで問い合わせる】
    Profile

    NPO法人食育研究会Mogu Mogu

    NPO法人食育研究会Mogu Mogu
    お腹が減れば、何不自由なく食べ物が手に入る時代、街には、多種多様の食べ物があふれ、食に関する情報もあれこれ錯綜している時代だからこそ、何を選んでどう食べるか?
    もう一度、真剣に「食べることについて考えたい」未来を担う子どもたちに、食に関するあれこれを、しっかり身に付けてほしい。

    でも、どうやって?

    古くから受け継がれてきたものを、自分たちの時代で消してしまっていいのだろうか?


    自分ひとりでは限界があるけど、一人二人仲間が増えれば、それだけ知識や、技術も学びあえる。
    そして、力になる。
    人それぞれ、思いのたけは違うけれど、
    食を大切にしたい気持ちをもった仲間たちが集まって、食育研究会 Mogu Moguを作りました。

    ところで、昨日の夜って、なに食べたか、おぼえてる?

    子育てハッピーアドバイス 笑顔いっぱい 食育の巻
    子育てハッピーアドバイス 笑顔いっぱい 食育の巻
    検索フォーム
    最新記事
    メニュー
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文: